静岡県 富士市 法律 弁護士 裁判 倒産 離婚 相談

弁護士に頼んだら、いったいいくらかかるのだろう・・・?

弁護士の仕事は実に様々です。事件の内容・複雑さだけでなく、相手の出方によっても、必要な手続や時間はいろいろです。従って、同種の事件、例えば離婚、自己破産というだけで一概に費用をいくらと申し上げることは残念ながら出来ません。従って、先に記載したように、まずご相談をして頂き、この事件についてどのくらいの費用が掛かるかを率直に聞いて頂くのが一番です。相談料が5,000円かかりますが、費用が高すぎるとか、この弁護士とは上手くやれそうもない、自分の希望を叶えてくれそうもないと感じるのであれば、その意見や費用の見積を持って、他の弁護士に当たることも出来るのですから。

弁護士費用って、いったい何?

弁護士に依頼するときの費用には、以下のようなものがあります。

【着手金・報酬金】

「着手金」は結果に成功・不成功があるときに、結果にかかわらず弁護士が手続を進めるために着手時に支払う金銭です。事件着手のための手付金のようなものとお考え下さい。
「報酬金」は、結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬のことをいいます。従って、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。

【手数料】

「手数料」は、契約書作成、遺言書作成、遺言執行など、1回程度の手続で完了するときのものです。

【実 費】

収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金など実費分です。

【委任契約書】

実際に弁護士に依頼するときには、委任契約書が作成されます。委任契約書の内容をよく確認し、疑問点があれば、遠慮なく弁護士にお尋ね下さい。

弁護士費用の後払い・分割払いはできるの?

ご相談の結果、弁護士費用を告げられても、これを今は支払えないとか、分割払いでなければお支払いが困難という方もいらっしゃるかと思います。このような場合には当事務所はそのご相談にも応じておりますし、お支払い自体、経済的に不可能という方には法テラスのご利用もお勧めしています。これらについてご相談時に遠慮なくお問い合わせ下さい。

法テラスのサイトはこちら